FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選民思想と成功者崇拝①

ネットワークビジネス組織の特殊性』ではネットワークビジネス組織の特徴として“社会から警戒されていることを正当化する組織文化”があることを挙げました。

この独特の文化について認知的不協和理論という心理学の世界の知見を借りながら説明してみましょう。
認知的不協和理論とは、『人間は矛盾する二つの認知(ものの見方)を持つことに不快を感じる。従ってその矛盾を除去し、和らげるようにどちらかの認知を変える。』というものです。(参考URL

有名な例として、イソップ童話の“すっぱいブドウ”という話があります。
木の上に美味しそうなブドウを見つけたキツネがそれを取ろうとしますが、高いところにあり届きません。諦めたキツネは去り際に「どうせすっぱいブドウに違いない」と捨て台詞を吐く、というものです。
つまり、「美味しそうなブドウがある」という認知と「それを食べられない自分がいる」という認知に矛盾を感じるため、それを解消するために「どうせすっぱいブドウに違いない」というふうに前者を変更させるわけです。それによってブドウを食べることのできない惨めな自分自身を納得させることができるのです。

この理論は人間の集まりである組織にも当てはまると考えられます。
先にも見ましたように、ネットワークビジネスはその仕組み上、常に社会との軋轢を起こします。ディストリビューターは警戒され、場合によっては拒絶される経験を繰り返します。(参考記事
これはかなり矛盾を感じる状態だと思われます。
なぜならセミナーやアップラインからは「素晴らしい商品を扱っている」「周りの人に幸せや成功するチャンスを伝えている」と教えられているのにも関わらず、実際には「警戒され、ときには批判され嫌われてしまう」わけですから。

そこで多くのネットワークビジネスでは、この矛盾を解消するために社会に対する認知(ものの見方)を変化させて、独特の思想や文化を練り上げてきました。
それが“選民思想”であり、それと対になる“成功者崇拝”です。

前者が「自分たちは先進的で可能性にあふれたビジネスを理解できる選ばれた人たちである。周りが批判するのはそれを理解できないからである。」
という考えで、
後者が「周りの批判にも関わらずこの素晴らしいビジネスを体現している成功者がいる。その真似をすれば成功できる。」
という考えです。

選民思想と成功者崇拝②』に続きます。


ポータルページに戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

乱気流さん

コメントありがとうございます。

>『ネットワークビジネスの仕組み』関連の記事を読んでいて、とてもスッキリしました。

まさにそこがこのブログの狙いとするところなので嬉しいコメントです。
もともと私自身の頭の中をスッキリさせるために作り始めたようなものなので(笑)


>ネットワークビジネスをされている方は、(すべての人ではないですが)言動ともに矛盾していることが多く感じられます。

どんな人や組織も多かれ少なかれ矛盾を抱えているとは思いますが、ネットワークビジネスの世界はそれが目立ちますね。
矛盾を押さえ込むために強烈な思想が必要になるのだと思います。

No title

『ネットワークビジネスの仕組み』関連の記事を読んでいて、とてもスッキリしました。

おおよそ、こういうことだろうな・・・と、いう考えはあったのですが
それを人に説明するとなると、とても難しかったので勉強になりました。

ネットワークビジネスをされている方は、(すべての人ではないですが)言動ともに矛盾していることが多く感じられます。

わかりやすい例えで言えば
『あなたのことを考えています』
と言いながら
『自分のことしか考えていない』

これは、紹介者とそのアップの方とお話したときに体験したことですが

『あなたは間違っている。こうしたほうがいい』
直接的には言われてませんが、そんなニュアンスで話を聞かされたこともありました。

『こんなすばらしいことを実現する会社ってすごい』
と言われ
『よくわからない』
と言うと、
見てはいけない物を見てしまったかのような反応を返されました。

すべては独特な思想によるものなんですね・・・。


プロフィール

ゆんた

Author:ゆんた
経営コンサルタントの管理人がニュースキン(Nu skin)やアムウェイ(Amway)を始めとするネットワークビジネス、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、MLMの仕組みを解き明かします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。