FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムウェイ社のオーバートーク(マルチ商法との違い)

ネットワークビジネス最大手であるアムウェイ社ですが、同社のHPには次のようなQ&Aがあります。
――――――――――――――――――――――――――――――
Q マルチ商法と何が違うのですか?
A いわゆる「マルチ商法」は造語のため定義付けされていませんが、一般に日本では「リクルート(勧誘)さえすれば収入が上がる」など過度な期待を抱かせるような説明が行われたり、粗悪な製品を販売するなどのトラブルを起こした場合、「悪質マルチ商法」「マルチまがい」とマスコミなどで報じられています。アムウェイ・ビジネスの形態は「特定商取引に関する法律」において「連鎖販売取引」として規定されており、同法律の規定にのっとってビジネス活動を行い、またディストリビューターへの指導も行っています。
アムウェイ社HPより

――――――――――――――――――――――――――――――

軽く読み過ごしそうになるこのQ&Aですが、実はこのブログでも何度か取り上げてきた「パーフェクトドリームのオーバートーク」を超える巧妙なオーバートークが駆使されています。

まず違和感を覚えるのが「マルチ商法とは何が違うのですか?」という遠回しな問いが設定されている点です。
マルチ商法は世間的なイメージが極めて悪く、アムウェイ社にとってはアムウェイビジネスとマルチ商法を同一視されることは何としても避けなければならない事態のはずです。そしてマルチ商法であることを否定するためにもっとも効果的な方法は「(アムウェイビジネスは)マルチ商法ですか?」という問いに対してイエス・ノーを回答するストレートなQ&Aを立てることです。

しかしアムウェイ社はこの問いを否定することが出来ないのです。
なぜなら、アムウェイビジネスは同社も認めているように特定商取引法で規定する連鎖販売取引に当たります。
そして連鎖販売取引はマルチ商法と同一なものだというのが世間一般のみならず、公的機関の認識でもあるからです。
(参考URL:経済産業省HP消費者庁HP

さらに、アムウェイ社自身が1997年に「アムウェイビジネスはマルチ商法である」とした実業界出版社に対する訴訟を起こしていて、当時の法律が入会金2万円未満のマルチ商法を規制していなかった点を根拠に勝訴したものの、現在では2万円未満でも規制対象になっているため、「アムウェイビジネスはマルチ商法である」であることを認識しているからです。

とは言え、現役のディストリビューターが日々の勧誘活動の中でもっとも投げかけられることの多いこの問い自体を避けて通るわけにはいきません。そこでアムウェイ社が苦肉の策として編み出したのがこの回答なのです。

回答の前段では、マルチ商法という言葉に明確な定義が無いことを示しながら、質問の範囲を一般的なマルチ商法から悪徳マルチに限定させています。これによって、マルチ商法とアムウェイは異なるビジネスであることを印象付けようとしています。
さらに、後段でアムウェイビジネスが特定商取引法の規定するところの連鎖販売取引であることを書いています。この書き振り自体にもアムウェイビジネスが法律で認められている正当性の高いビジネスのように誘導しようという意図が読み取れます(参考記事)が、それよりも注目すべきところがあります。

それは前段の文章と後段の文章に接続詞が無いことです。つまりこの二つの文章はお互いに関係性を持たない独立した文章なのです。しかし人間の認知というものは、このように順序立てて置かれた文章を読むと、「マルチ商法は一般的には悪徳商法のことを言っている。“しかし”アムウェイビジネスは法律に規定された合法なビジネスである。」という具合に無意識に接続詞を補い、関係性を読み取るようにできています。
もう一度回答文を最初から最後まで読み進めて頂ければ分かりますが、アムウェイ社は「マルチ商法と何が違うのですか?」という問いに対しては結局何も答えていないのです。

アムウェイ社が用いている手法を整理します。
・「(アムウェイビジネスは)マルチ商法ですか?」という問いではなく「マルチ商法とは何が違うのですか?」という問いを設定することでイエス・ノーによる直接的な回答を避ける。
・「マルチ商法」の定義を悪徳マルチに限定する。
・マルチ商法と対比しているかのような体を取りながら、アムウェイビジネスが連鎖販売取引であることを示す。
・上記の操作を通じて、「マルチ商法は一般的には悪徳商法のことを言っている。“しかし”アムウェイビジネスは法律に規定された合法なビジネスである。」という論理の流れをつくりだそうとしている。

このアムウェイ社の例からも分かるように、あからさまな嘘をつかなくても事実とは異なる認識へと誘導するオーバートークはできてしまうのです。

アムウェイ社のオーバートーク(ダイレクト・セリング)』に続きます。


ポータルページに戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆんた

Author:ゆんた
経営コンサルタントの管理人がニュースキン(Nu skin)やアムウェイ(Amway)を始めとするネットワークビジネス、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、MLMの仕組みを解き明かします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。