FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーダー達がなかなか引退しない本当の理由

ネットワークビジネスのリーダーたちは権利収入を手にしているはずなのにも関わらず、なかなか引退しようとしません。その理由は人ぞれぞれだと思いますが、多くのリーダー達に共通するであろう大きな理由が一つあります。

ネットワークビジネスのライフサイクル』ではネットワークビジネスでは三段階の成長過程を経るということを説明しました。その中でも特に急落期以降は市場に悪評が広まっており、勧誘活動がなかなかうまくいきません。そうすると真っ先に影響が出るのが末端のディストリビューター達です。勧誘に注ぎ込む労働時間や情熱に割に結果が出ないと、なかなか収入にもならず達成感も得られないため、ビジネス活動を辞めるメンバーが出始めます。

末端のディストリビューター達が辞め始めると、中間層にもその影響が出てきます。末端層が生み出す売上が無くなることで、報酬額が少なくなるのはもちろんの事、自身の資格維持のためのポイントが足りなくなり、買い込み等で維持をする必要が出てくるからです。それに耐えられなくなるとこの層でもビジネスを辞めるメンバーが出て来ます。

このようにネットワークビジネスでは最下部から起こった組織の崩壊は、徐々に上にあがってきます。

それでも一般消費者(ニュースキンで言うところの愛用者)を十分に確保しているメンバーやグループはまだ崩壊に対する耐性があります。なぜならビジネス上での悪評には大きな影響を受けずに製品を買い続けてくれるため、彼らが報酬やポイントを支えてくれるからです。
それに対してビジネスメンバーの買い込み連鎖で組織を拡大してきたグループは脆弱です。これらのグループは勧誘活動によって新しいメンバーが増えることを前提とした投資(=買い込み)を推奨しているので、勧誘がうまく行かなくなるとあっという間に行き詰ります。そして、ニュースキンビジネスの場合で言うと、毎月24万円の資格維持条件に耐えられなくなり、次々に辞めていきます。

ネットワークビジネスのリーダー達、特に買い込み連鎖で有名なグループのリーダー達がなかなか引退しないのはここに理由があります。自分の報酬対象外だからと言ってダウンラインに対する働きかけを放置していると、組織の崩壊が始まったときにそれを食い止めることができず、自分の報酬範囲内にまで崩壊が及んでしまうからです。
つまり、油断しているとあっという間に自分の収入が減ってしまうのです。

使命感だとかダウンラインのためといった高邁な理由とは別に、辞めたくても辞められない現実的な理由があるのです。


ポータルページに戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆんた

Author:ゆんた
経営コンサルタントの管理人がニュースキン(Nu skin)やアムウェイ(Amway)を始めとするネットワークビジネス、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、MLMの仕組みを解き明かします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。