FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーダイヤモンドは1年に半数が入れ替わる

1,200人のブルーダイヤモンド達はどこへ消えた?』の記事ではニュースキンジャパン創業以来、ブルーダイヤモンド資格を達成したディストリビューターは1,345人に上ることを説明しました。
彼らがブルーダイヤモンドタイトルをいつどのタイミングで達成したのかを推測することで興味深いことが見えてきます。

もちろん公開情報が無いことには正確なところは分かりませんが、ある程度の精度を持つ予測を立てることはできます。その前提となる仮説が新たにブルーダイヤモンドを達成するディストリビューターの数とニュースキン社の売上高は比例関係にあるだろうという事です。
なぜならブルーダイヤモンドを達成するという事は直下のエグゼクティブ12人を維持することであり、それは即ち毎月24,000ポイント(2,000ポイント×12人)の売上を確保することだからです。つまりブルーダイヤモンドが増えるという事はそれに見合った売上を上げることが出来ているという事であり、ブルーダイヤモンドが減るという事はそれだけ売上を落としているという事が言えるからです。

この考え方に基づいて、年度毎の売上高に比例する形で1,345人のブルーダイヤモンド達成者をプロットしたのが下の表です。
BD達成者
参考URL

この表から2012年度は54人前後のブルーダイヤモンド達成者がいると考えられます。
しかし『Plaza』で公開されている範囲では、2012年期に新規のブルーダイヤモンドの数は25人しか確認できません。
推測されるブルーダイヤモンドの数に多少のばらつきがあるにしても、公開されているブルーダイヤモンドの人数は明らかに少ないのです。
これはおそらく年度内にブルーダイヤモンドタイトルを達成したものの、同じ年度にタイトル落としている者が相当数いて、期初期末区切りで公開されるデータには反映されないからだと考えられます。
その人数は54-25=29人となります。

この結果、『【追記】ブルーダイヤモンドの平均年収は1,600万円③』で“不明”としていた「入れ替わり層(期間中に獲得、期間中に喪失)」の人数を得ることができます。
2012年度構成

つまり、こうなります。
2012年度を通じてタイトルを維持したブルーダイヤモンドの数
⇒①+②=84名
2012年度内に入れ替わったブルーダイヤモンドの数
⇒③+④+⑤=87名

ニュースキンビジネスでは1年間で半数ものブルーダイヤモンド達が入れ替わるのです。


ポータルページに戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆんた

Author:ゆんた
経営コンサルタントの管理人がニュースキン(Nu skin)やアムウェイ(Amway)を始めとするネットワークビジネス、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、MLMの仕組みを解き明かします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。