FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追記】ブルーダイヤモンドの平均年収は1,600万円①

ブルーダイヤモンドの平均年収は1,600万円』の記事に追記します。なぜかと言うと、同記事よりもさらに細かく分解できることが分かったからです。

1,600万円という数字を推測するのに使ったニュースキンジャパンが出している「資料(3頁目の表)」をもう一度見てみましょう。
平均人数、平均月間ボーナス等と、やたら“平均”という言葉を使っていることに気が付きます。実はこの平均という言葉を分析することで新たにいろいろな事が見えてきます。そのヒントはニュースキンの会員サイト『Plaza』から得ることができます。

『Plaza』ではブルーダイヤモンド資格者を紹介をしているコーナーがありますが、そのうち25名のブルーダイヤモンド達は“NEW”の印が付けられた新規達成者です。彼らは2012年にブルーダイヤモンドのタイトルを始めて達成したディストリビューター達だと思われます。
※情報更新の時期がはっきり分からないのでひょっとしたらズレがあるかもしれません。

一方でニュースキン社が公開している情報によると、ブルーダイヤモンドの平均人数は2011年に117人、2012年に109人とあり、8名減っています。
新しくブルーダイヤモンド資格を獲得したディストリビューターが25名いるのにも関わらず、総計で8名減っているということは、タイトルを落としているディストリビューター達が33名いる計算になります。

また、期間中にブルーダイヤモンドを達成し、期間中にブルーダイヤモンドを落としてるために期初、期末のデータには乗らないディストリビューターも相当数いると思われます。

これらを整理すると2012年期のブルーダイヤモンド達成者は以下のような構成だと考えられます。
①10名:年間通じてブルーダイヤモンドのタイトルを維持(上位10名)
②74名:年間通じてブルーダイヤモンドのタイトルを維持
③33名:期初はタイトルを保持していたが、期間中に喪失
④25名:期初はタイトルを保持していなかったが、期間中に獲得、期末まで維持
⑤不明:期初はタイトルを保持していなかったが、期間中に獲得、期間中に喪失

これで平均人数という言葉の意味が分かりました。
1年の間にかなりの割合のブルーダイヤモンドが入れ替わるのです。場合によっては1か月限りのブルーダイヤモンド資格保有というディストリビューターもいるでしょう。したがって年収に関する情報を公表するためには平均計算を使わざるを得ないのです。

この整理の下にブルーダイヤモンド達の年収をもう一度見直します。
③④(および⑤)に該当するディストリビューターは、2012年中はダイヤモンドとブルーダイヤモンド両方のタイトル保持者だったわけです(もちろんエメラルド以下から短期間で上り詰めたケースもあるでしょうが、例外と見做してここでは考慮しません)。
したがって彼らの報酬額を算定するにあたっては両タイトルの平均値を参考にする必要があります。公平に半分づつという事でダイヤモンドの時期を6ヶ月、ブルーダイヤモンドの時期を6ヶ月としておけば大きな狂いは無いでしょう。

以上を踏まえた上でそれぞれのブルーダイヤモンドの報酬を計算し直します。
【追記】ブルーダイヤモンドの平均年収は1,600万円②』に続きます。


ポータルページに戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆんた

Author:ゆんた
経営コンサルタントの管理人がニュースキン(Nu skin)やアムウェイ(Amway)を始めとするネットワークビジネス、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、MLMの仕組みを解き明かします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。