FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを運営するということ

最近、ブログを運営するということについて考えさせられることがあった。
せっかくなのでこの機に自分の考えをまとめてみたい。

ブログ運営のコンセプトは人それぞれだろう。
・書きたいことを書く
・日記代わりに日常を記録する
・ブログを通じて多くの人と交流する
一般的にはそんなところが多いのだろうか。

私の場合もそういった側面が無いわけではない。
ただ、私が最も意識しているのは「ブログ運営は客商売である」ということだ。つまり、ブログ記事という商品を読者に読んでもらうためにブログを書いているのだ。

もちろん実際に代金を徴収している訳ではないから、擬似的なものにならざるを得ない。
しかし考えようによってはゼロ円という価格設定で販売していると捉えることもできる。ゼロ円とはいえ、読者は時間というコストをかける訳だから、魅力の無い記事が読まれることなどありえない。ましてや巷には有料無料を問わず、あらゆる種類のコンテンツが溢れかえっている。新聞ですら無料で記事を配信する時代だ。たとえゼロ円であっても記事を売ることは簡単ではないのだ。

だから私は常に読者にとって価値ある記事を書こうと心がけている。
それはネットワークビジネスという業態をほとんどの人が語ることのなかった視点から分析することだ。そして、それを多くの人にとっての新しい気づきや学びにつなげることだ。幸い、今のところそれなりの反響を得ることができている。

そうやってブログを書くことを続けていると次第に賛同する方たちが現れてきて、その方たちの協力の下、体験談の提供や相談なども行うようになった。今やアクセス数としてはそちらの方が多いかもしれない。

最近ではネタが切れそうになっているから、さらなる多角化を考えてみたりする。
多角化の基本は自分の強みを他の領域に展開することだ。
だから自分の強みについてあらためて考えてみることになる。
特別な経験や知識、スキルがある訳でもない。敢えていうなら「普通の人が気にも留めないような違和感をしつこく追求する」そんなところに強みらしきものがありそうだ。それならネットワークビジネスに限らず、世の中にあふれる嘘や欺瞞を対象にして記事を作成できるかもしれない。
そんなことを最近は考えている。

客商売だから、いろいろな方が記事を読みにくる。その中にはクレーマーに近いような方がいてもおかしくない。
ただ、そういった読者でもできる限り繋ぎとめようと考える。
それはそうだ。大事な読者がいなくなってしまうのはクレームを付けられることより辛いのだ。どこかの人気ラーメン店のようにマナーのよろしく無いお客様を出入り禁止にするような強気の経営をする余裕はこのブログには無い。
それに、そういった読者とのやり取りそのものが他の読者をひきつけるコンテンツになるし、新たな記事についての着想を与えてくれるという側面もある。

もちろん商売は競争なのだから商売敵もいるだろう。端的には多くの人にこのブログの記事を読まれることで損失を被る可能性のある人たちだ。客観的に見てこのブログはある種の人たちにとって都合の悪い内容が多い。
しかし、意外なことに今のところその種の人たちからのクレームや嫌がらせの類はほとんど無い。まあ、攻撃されるような隙のある記事を書いてないからだと言いたいところだが、自分で思っているほどこのブログの影響力は無いというのが本当のところだろう。

それでは、そんな一銭にもならないことに、なぜそんなに労力をつぎ込んでいるのか?
そもそも何のためにブログを書いているのか?
答えは自己満足を得たいからだ。
このビジネスや世の中にまつわる謎を解いて頭の中をすっきりさせたい。
そしてその考えを記事にして出来るだけ多くの人に伝えたい。
そしてその結果、多少でも世の中が良い方向に進めば、それに越したことは無い。

そんな些細なことを励みにしながら今日もブログを書いている。


ポータルページに戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆんた

Author:ゆんた
経営コンサルタントの管理人がニュースキン(Nu skin)やアムウェイ(Amway)を始めとするネットワークビジネス、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、MLMの仕組みを解き明かします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。