FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がネットワークビジネスをしないたった一つの理由①

別の記事でも触れたことがあるが、私自身はネットワークビジネスをしたことはないし、過去に何度か勧誘された時にも断っている。
なぜならネットワークビジネスに携わることによるリスクやデメリットを重く考えているからだ。

ただし、それは「成功確率が低いから」ではない。
確かにネットワークビジネスは成功確率が低い。様々なデータを見ても大半のディストリビューターは僅かばかりの収入を取ることも出来ないし、成功者と言われる程の収入を得ることができるのは極めて少数の限られた者たちだけだ。実際、ネットワークビジネスのコンサルティングをしている横浜計算センターの調査によれば、94%が無報酬であり、月100万円以上の収入を得ているのは0.045%(約2,200人に一人)という結果が出ている(参考URL)。
しかし何事でもそうだが、成功できるかできないかは、その人の能力、意欲、または環境によるところが大きい。そのような条件を踏まえずに、平均的な指標である成功確率のみでビジネスに取り組むかどうかを判断する必要はない。もっと言えば、どんなに確率が低くても、それ以上のものが得られる可能性があれば、挑戦してみるのも悪くは無いと思っている。

また「借金をする可能性があるから」でもない。
そもそも事業を始めるにあたっては多かれ少なかれ初期投資が必要になる。金額の多寡はリスクとリターンの取り方よって変わってくるが、ネットワークビジネスも例外ではない。アップラインから嘘の説明を受けていたり、重要事項の説明を省かれていたりしていれば話は別だが、どの程度の資金を事業に注ぎ込むかを決めるのは自分自身だし、それによって損失を被ったとしても自己責任の範疇だ。
最初から自分自身でリスクを取る覚悟があれば、借金をする可能性などネットワークビジネスをしない理由にはならない。

あるいは「友だちをなくすから」でもない。
確かにネットワークビジネスをすると友達を無くすことがある。たとえ自分自身が強引な勧誘をしていなくても、いわゆるマルチ商法に携わっているというだけで嫌悪したり、疎遠にしてくる者は少なくないからだ。
過去の経緯や一部のグループの責任等、いろいろな考えや言い分はあるだろうが、現実に嫌われているのは間違いない(参考URL)。
もっとも、友だちを無くすのは悲しいことではあるが、誰とでもいつまでも友達でいられる訳では無い。お互いの成長や価値観の変化の中で友人関係が終わってしまうことはそう珍しいことではない。
これもやはりネットワークをしない理由にはならない。

誤解を恐れずに言えば「法律違反をしてしまう可能性があるから」でもない。
確かにネットワークビジネスは特定商取引法や薬事法を中心とする厳しい法規制に囲まれており、これらに全く抵触せずにビジネスに取り組むのは難しい。しかしそれを守り切れるかどうかは自分次第だし、守り切れないのであれば自分が悪いのだから相応の罰を受ける、それだけの事だ。
法律を守ることの難しさと罰則の重さを正確に認識してさえいればいいのだから、これもやはりネットワークビジネスをしない理由にはならない。

しかしそれでも私は、今後どれほど条件の良いネットワークビジネスを紹介されたとしても、ビジネスとして携わることは無いと断言できる。つまり愛用者として製品を買う事はあってもディストリビューターとしてビジネスメンバーを勧誘することは無い。

私がネットワークビジネスをしないのは、
「この仕組み(連鎖販売取引)のもとで成功するという事は失敗するダウンラインを生み出し続ける」
という事だと理解しているからだ。

私がネットワークビジネスをしないたった一つの理由②」に続きます。


ポータルページに戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆんた

Author:ゆんた
経営コンサルタントの管理人がニュースキン(Nu skin)やアムウェイ(Amway)を始めとするネットワークビジネス、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、MLMの仕組みを解き明かします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。