FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネスと名言①

ネットワークビジネスのリーダー達はしばしば名言を語ります。
アムウェイの成功者である中島薫の名言もネット上にあふれています。
――――――――――――――――――――――――――――――
・お金に左右されない人間性を養おう。
・「大変」とは大きく変わること!
・何かアクションを起こさない限り、あなたの夢は永遠のテ-マで終わってしまいます。
・毎日がチャンス。
・人間というのは、空を飛ぶ翼がないために神様が想像力という翼をくれました。
・目の前のスープがおしいかどうか知るためには、とりあえず飲んでみることである。
・本気でなければ、それはただの「ごっこ」。
・あなたの未来は、今何をしているかで決まる。
・「できない」と思うのは、単なる錯覚。
・死ぬこと以外はかすり傷!
【中島薫】 心が変わる名言集 【Amway】 - NAVER まとめ

――――――――――――――――――――――――――――――

なぜネットワークビジネスのリーダー達は好んで名言を用いるのでしょうか。

上記の中島薫の発言にも表れていますが、多くの名言に見られる特徴の一つに「論理的な形式を取っていない」という事が挙げられます。
論理とは「あなたはコーラばかり飲んでいる。だから近いうちに太る。」という具合に根拠と結論という二つの要素が一対になったものです。

発言内容が論理的な形式を持っていれば、その内容について議論をすることができます。
用いられている根拠の正当性、もしくは根拠と結論の結びつき(=推論)の妥当性を問うことで、結論が正しいかどうかを議論することができます。
例で言うと、“飲んでいるのは普通のコーラでなく、ダイエットコーラだ”という具合に根拠を否定したり、“コーラを飲んでもその分運動しているから太ることは無い”という具合に推論を否定することで結論の真偽を議論することができます。もちろんそこから再度、根拠や推論について問いかけることもできます。
議論できる形式を持っているというのは、物事の理解を深めるための前提なのです。

一方でほとんどの名言にある要素は結論だけです。
その結論がどのような論理の積み重ねで生まれてきたのかは省略されます。歴史的な偉人や成功者が言っていることなので結論が正しい事は自明とされ、根拠などは求められないのです。
また名言は私達の感情を揺さぶります。怠けたい時には気持ちを奮い立たせてくれますし、落ち込んだ時には勇気を与えてくれます。

“論理が無く、感情に訴える”まさにこの点で、名言はネットワークビジネスと相性がいいツールなのです。
ネットワークビジネスでは論理的に考えることは望まれません。ディストリビューターに求められるのは成功者の言う事を素直に聞くことです。
素直に聞く人が成功しやすいというのもあるのかもしれませんが、リーダー達の視点に立つことで、もっと重要な理由が見えてきます。
それは、ディストリビューターが論理的に考え始めると、成功する確率、アップの発言の整合性、法律順守等々、いくらでも疑問点が出てくることが確実だからです。
リーダー達の成功のためには一定のダウンライン数を維持することは必須ですので、論理的な検討によってビジネスを躊躇されたり、辞められてしまうと、自身の成功が揺らいでしまいます。下手に考えることなどせずに、ひたすらモチベーションを高めて、ビジネスに励んでもらった方が都合がいいのです。

つまり成功を維持したいリーダー達にとって、名言はダウンラインをコントロールするための有効なツールであると言えるのです。
ネットワークビジネスと名言②』へ続きます。


ポータルページに戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆんた

Author:ゆんた
経営コンサルタントの管理人がニュースキン(Nu skin)やアムウェイ(Amway)を始めとするネットワークビジネス、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、MLMの仕組みを解き明かします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。