FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAQ「友人を辞めさせたいのですがどうすればいいですか?」

このコーナーでは、『質問・相談コーナー』で真一さんが個別の読者からの質問に回答した内容を編集して、FAQとして掲載していきます。

※表題の質問に関する本ブログのスタンス
どのような人にも職業選択の自由はあり、それは侵害されるべきではありません。
しかし、明らかに悪徳グループのオーバートークに騙され、マインドコントロールされている状態を続ける事で、借金を膨らませたり、周囲に被害を与えているディストリビューターもいます。このような状態のディストリビューターに対して、周囲の者が辞めるように働きかける権利も同じようにあると考えます。

――――――――――――――――――――――――――――――
現役ディストリビューターは上位会員(アップライン)から
「成功したければ成功者に話を聞き真似をするのが成功の一番の近道。サラリーマンとかに成功の方法を聞いても知らないのだから的外れなことしか言わない。サラリーマンに成功の方法を聞くのは失敗する行動」
「インターネットに書かれている情報は、ビジネスで失敗した人が妬みで嘘を書いているだけだから、そもそも見る価値すらない。そんなインターネットの情報を信じるのは、失敗した人の真似をするのと同じことだからそれを信じるならあなたは失敗する」
こんな感じのことを教えられています。

だから、いくら正論で説得しようとしてもご友人は
「こいつは成功者でもないくせに、否定するなんてやっぱりわかっていない。これがわからないから成功者になれないのに、それがわからないなんてバカだなぁ」
とこんな感じのことを思うだけでいくら説得してもご友人には響かないんです。

じゃあどうしたらいいのかと言うことですが、ご友人を否定しなければいいんです。
ご友人を否定するのではなく、ご友人自身に「あれ?おかしいぞ?」と気付かせるように話をすることが重要となります。

上記で説明した通り、ご友人は成功者の話を信じて真似するのが成功への道だと思い込んでいます。
その為、成功者の言うことはすべて正しい間違っているはずがないと思っているので、全て鵜呑みにしてそれが本当かどうか、正しいかどうかの『検証』はほとんどしていません。
なので正論を突きつければ本来はおかしいことに気付くはずなんですが、ここで人の性質が邪魔をします。

基本的に人は他人からああしろこうしろ、これが正しい、これは間違っていると指摘されたり指示されるのを嫌がります。 上位会員(アップライン)の話を聞くのは成功者というフィルターが掛かっているから、例外として受け入れていますが。

つまり、自分以外の他人に間違いを指摘されて気付いたという状況が嫌なんですね。
だから、ご友人本人が自分で気付いたという形に整えてあげることが大切なんです。

例としてニュースキンの中国の話(参考記事①参考記事②)をご友人に伝えるとしたら
「お前(ご友人)がやっているニュースキンのこと、この間ニュースで見たよ。中国でニュースキンが訴えられているってかなり大きく取り上げられてた。これってお前には影響ないの?大丈夫?」
と心配しているような形で中国の問題のことについて質問を投げかけます。
おそらく
「大丈夫、あれはあくまで中国の政府や法律がおかしいだけで、中国の中だけの問題。日本には(自分には)関係ないよ」
というような回答がくると思います。
そこで、
「そうなんだ良かった。お前がニュースキンやってるの知ってたからちょっと心配してた。あ、でもそういえば前にニュースキンの話聞いた時ニュースキンの株価が上がってるのは、ニュースキンの将来性を投資家達が認めてるから上がっていてニュースキンのすごさの証明だっていってたよね。でも今回中国で訴えられてから株価が半分に落ちてたよ。これって投資家達が今回の件は中国だけじゃなくて、ニュースキン全体の問題として相当やばいことだって考えてるってことじゃない?・・・」
というように問いかけるのです。

つまり直接否定するのではなく、
①ご友人の事が心配であるということを伝える。
②質問を投げかけることでご友人本人に考えさせ、ご友人本人が自分で調べた結果確かにやばそうだと気付くように導いてあげる。
③その結果自称成功者のアップラインたちが言っていることに嘘がある、もしくは嘘じゃないにしてもおかしくないか?と疑問を持つようになる。
こうなるような話し方が大切だということです。

ただし、ご友人がアップラインの嘘や矛盾に気づいたとしてもすぐに辞めるわけではありません。
ジワジワとアップラインへの疑念が大きくなって、それが自分自身無視できないほどに心の中で大きくなった時に始めて辞めるようになります。

なので、これで一撃必殺辞めさせてやろうというよりは、気ながに生暖かい目で見守りつつ、ちょっとずつジャブを与えるように本人が矛盾や嘘に気付くようにさせてあげて下さい。
――――――――――――――――――――――――――――――


ポータルページに戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆんた

Author:ゆんた
経営コンサルタントの管理人がニュースキン(Nu skin)やアムウェイ(Amway)を始めとするネットワークビジネス、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、MLMの仕組みを解き明かします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。